« プライバシーと信用 | トップページ | スマホはどこまで進化する? »

おにぎりの中身は?


私の勤務する会社の隣にはローソンがあるので、なにかとローソンでのお買い物が多くなります☆(ポンタカード大活躍!)やはり私もほぼ毎日ローソンでお昼を買うわけですが、どうしてか私のメニューはお馬鹿一つ覚えのようにパターン化していまして、ペットボトルのお茶に「おにぎり」か「サンドイッチ」。

たまに違うものにしようとして、この習慣に逆らおうとするものなら迷い込んでしまうからかもしれませんが…。ここで弁解しておきますがレストランではすぐ決められるんですよ。一緒に来たひとと同じにしたり、一人で来たときは周りで聞こえたメニューにするから(笑)→結局自分で決めてない( ̄∀ ̄)

まあとにかく、私はおにぎりにしてもサンドイッチにしてもその中身を選ぶだけで良いように自分をしつけてあります(呆

さあさあ、少し前置きがながくなりましたが今日は特におにぎりの中身の話。

私がよく買うのは「日高昆布」「紅しゃけ」「ねぎとろ」「焼きたらこ」といった具合です。そこで昨日、ふと思ったんですが「日高」って確か北海道ですが、このおにぎり食べてるのって北海道だけなのかなあ?なんて思ったり…。

でも、よく考えてみると昆布って乾物だからどこでもありなんでしょうか?どなたか知ってる方いましたら、コメントやご意見箱からのメールなどて教えてください…。m(_ _)m

日本人はほんと、おにぎり好きな人が多いですよね〜。白米ににおかずをぎゅっと閉じ込める!白米におかずを乗せてお茶碗で食べるのとはまた違った美味しさがありますよね。一手間かけるとかけないのとでは大分差があるかも。

私はおにぎりを見てるといつも、お昼近くに放送されている「キューピー3分クッキング」を思い出すんですよ。番組の始まり、ちょっと聞き逃しそうなセリフですが「愛は食卓にある。キューピーの提供で…」
ほんとにそうだよなあーって実感しますよ♪

だって、この外食が発達してるときに手間隙かけてごはんを作るか?コストダウンのためだけじゃないですよね。もーっと言うと、誰でも作れるおにぎりがどーしてあんなに売れるんだろう?ってね♪

ところがどっこい、文化が違えば全然違う!お隣中国のお話ですが、日本に来た中国の留学生に、ある日本人が沢山のおにぎりでオモテナシしたところ、中国の留学生はとっても怒ってしまったとか。買ったものをプレゼントするのが普通なんだとか―。

こう考えてみると、どちらが正しいとか決められる話ではないですが、「愛は食卓にある」というのもいったい何だろうと再び疑問がわく、わたしなのでした〜☆

« プライバシーと信用 | トップページ | スマホはどこまで進化する? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1226607/45469470

この記事へのトラックバック一覧です: おにぎりの中身は?:

« プライバシーと信用 | トップページ | スマホはどこまで進化する? »